【オススメのアミノ酸シャンプー5選】特徴・効果を徹底解説

毎日使うシャンプー。

あなたの髪を綺麗する為には、必需品のヘアケアアイテムです

今回は、シャンプーの中でもオススメのアミノ酸シャンプーについての記事になります。

  • 「アミノ酸シャンプーはなんでオススメなの?」
  • 「アミノ酸シャンプーで使ったほうがいいものは?」
  • 「できればコスパがいいほうが使いやすい・・」

 

ドラッグストアや薬局、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどの通販サイトで購入できるも購入ができるものや美容師の多くが使っているアミノ酸シャンプーはを紹介します。

渋谷
渋谷
アミノ酸シャンプーはとても種類が多くて選ぶのが大変です!オススメのシャンプーを紹介しますね!
白井
白井
この記事を読めば、アミノ酸シャンプーで悩むことがなくなるかもしれません!

アミノ酸シャンプーを使って自分の髪を綺麗にしたいと思っている方は是非、美容室で扱うメーカーや10年以上の経験を持つ美容師が監修した内容になっていますので最後までチェックしてくださいね。

アミノ酸シャンプーの選び方

アミノ酸シャンプーを選ぶ時のポイント2つを紹介します。

  • 「低刺激な洗浄成分から選ぶ」
  • 「毛髪補修成分で選ぶ」
  • 「頭皮ケア成分」

シャンプー1つで全てを補うことは難しいですが、求める内容を理解して、アミノ酸シャンプーを選べるようになるのが理想です。

 

【選ぶポイント①】低刺激な洗浄成分から選ぶ

シャンプーに配合されるアミノ酸洗浄成分の性質を1つ1つ違いがあります!数あるアミノ酸系洗浄成分の中でも、La chicがオススメする3つの優秀なアミノ酸洗浄成分を紹介します。

まとまりが欲しい・保湿重視のグルタミン酸系

グルタミン酸系は、洗浄力が優しくしっとりとした保湿感のある仕上がりが特徴です。

乾燥毛や硬い髪におすすめの成分で、カラーや縮毛矯正・毎日のアイロンなどを使っている方の繰り返しているダメージヘアにも適しています。泡立ちや洗浄力は若干弱めなので、頭皮環境にトラブルがある方も使うことがオススメですね!

シャンプーの表記欄に「ココイルグルタミン酸Na」「ココイルグルタミン酸TEA」「ココイルグルタミン酸2Na」が載っていることを確かめてください!

エイジング世代にオススメのアラニン系

アラニン系は、適度な泡立ちと洗浄力があり、すっきり感がグルタミン酸系と違い特徴的です。

保湿感も若干少ないので、重たくならず、根元からふんわりとした仕上がりを求めるエイジング世代の方にもにオススメです。

シャンプーの表記欄に「ココイルメチルアラニンNa」「ラウロイルメチルアラニンNa」が載っていることを確かめてください!

洗った感が欲しい方にオススメのタウリン系

タウリン系は、きめの細かい泡立ちとさっぱりとした洗い上がりが特徴です。

普通肌〜脂性肌の方、スタイリング剤を毎日つける方などにオススメです。市販シャンプーに多く配合されていることが多いので、洗浄力が強めのシャンプーを使っていた方には最初はオススメかもしれません!

アミノ酸シャンプーのデメリットである泡立ちが悪いのを一番改善してくれるのはタウリン系隣ます。

シャンプーの表記欄に「ラウロイルメチルタウリンNa」「ココイルメチルタウリンNa」が載っていることを確かめてください!

渋谷
渋谷
アミノ酸の洗浄成分だけでも3種類ありますが、特徴が様々です。自分に合ったものを選ぶのがいいですね!

 

アミノ酸洗浄成分の特徴やオススメ方
  • 髪の保湿重視グルタミン酸系 >> アラニン系 > タウリン系
  • 洗った感重視タウリン系   >> アラニン系 > グルタミン酸系
  • 敏感肌で頭皮の保湿したい方グルタミン酸系
  • ボリュームアップやハリコシが欲しい方アラニン系
  • 普通肌・脂性等の肌質タウリン系 

 

【選ぶポイント②】毛髪補修成分で選ぶ

美容院などで行うカラーやパーマによる髪のダメージや紫外線・ドライヤーなどによる外的刺激に効果的な毛髪補修。アミノ酸シャンプーにも多く配合されていることがあります。

補修に最適!加水分解ケラチン・加水分解シルク

一番オススメの毛髪補修効果は、加水分解ケラチンや加水分解シルクです。

加水分解ケラチンや加水分解シルクなどのタンパク質を配合しているものは、ダメージ部分である箇所に毛髪補修効果を与えてくれます。シャンプーをしながら、髪の内部に浸透してくれることで髪を健康な状態に導いてくれます。

本来の髪は弱酸性ですが、美容院などでカラーやパーマ後はアルカリに傾いてしまいますが、ヘマチン・クエン酸・リンゴ酸などは弱酸性に整える成分です。髪のゴワつきや手触りの改善にもオススメな成分といえます。

白井
白井
ヘマチンやクエン酸などは、美容院での施術にも使うことがある成分なのでとてもオススメです!

 

毛髪補修成分の特徴
  • 加水分解ケラチン・加水分解シルク髪のハリコシ
  • コハク酸補修成分の吸収力up
  • グルタミン酸リシン髪の水分量up

【選ぶポイント③】頭皮ケアで選ぶ

頭皮の悩みは様々あります。かゆみやフケ・赤み・臭いなど。とてもデリケートな悩みになるので、相談しにくいカモしれませんが、アミノ酸シャンプーで解決できることもあります。

その中でも、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているシャンプーがオススメです。かゆみや炎症を抑制する作用があり、化粧品に使われています。

しかし、あくまでシャンプーなので合わなかった場合や炎症が強い場合は、医薬品のシャンプーもしくは塗り薬の方がいい可能性もありますので医師との相談が先決かと思います!

オススメのアミノ酸シャンプー5選

無印良品 エイジングケアシャンプー

ボタニスト ボタニカルシャンプー ダメージケア

パルガ・ヘアソープソフト

薬用 アミノ酸シャンプー 爽快柑

F.プロテクト ヘアシャンプー ベーシックタイプ

 

まとめ

アミノ酸シャンプーを選ぶコツは、洗浄成分と毛髪補修成分を特にチェックすることです!

今回のオススメするアミノ酸シャンプーのほかにも、主な洗浄成分を抜粋して掲載していますのでチェックしてみてください。掲載しているシャンプーにはそれぞれ個性があるので、自分の頭皮や髪に合うものを見つけてくださいね。

 

関連記事

  1. 【頭皮・髪質・悩み別】シャンプーの上手な選び方

  2. シャンプーについてのQ&Aまとめ

  3. 【ヘアカラーの基礎知識】ヘアカラーの仕組み!お洒落カラーや白髪染めはどうして染まるの?

  4. 3分でできる!「前髪のくせ」おすすめの直し方3選

  5. 【くせ毛の方必見!】毎日のお手入れ方法とおすすめヘアアイテムご紹介

  6. サロントリートメントは必要?効果と美容室でのトリートメントの持ちがグンっとアップ!