ヘアカラーが理想のスタイルにならない原因!『残留色素』について解説します。

ハイトーンが流行している近年…残留色素という言葉を耳にしたことはないでしょうか?
 
  • 「美容師さんに前回の履歴のせいで理想のカラーにならないと言われる」
  • 「一回暗くしたらなかなか良い色にならなくなった」
  • 「明るくしたいのになかなか明るくならないし、なんか髪の毛全対がムラに見える…」

 

『自分では染めたら、理想のヘアカラーにならない…』という経験をしている人も多いのではないでしょうか。
白井
白井

実はこの理想のヘアカラーにならない多くの原因がこの『残留色素』というものです。

 

残留色素は気をつけないと

  • 「いざ明るくしようとした時に全然明るくならなかったり」
  • 「ダメージの原因になったり」
  • 「暗くするのと明るくするのを繰り返すうちに、カラーの持ちが悪くなったり」

と、いろんなトラブルの原因になってしまいます。

渋谷
渋谷
残留色素が蓄積していくと物凄く大変な事になってしまうんです。

そうならないように今回は「残留色素の知識」「残留色素をださないための方法」についてご紹介していきたいと思います。

おしゃれを楽しんだり、綺麗な髪を保つためには「計画的なヘアカラー」が必要です!自分が知らない間に損をしないように。是非ご覧ください。
白井
白井
 
残留色素とは濃いカラー剤などが髪の毛に蓄積している状態のことを言います。
 
 
黒染めはその代表ですが、これは黒染めでなくても、元々染料の強いカラー剤や、暗めのカラー剤など様々な要因で蓄積していきます。
 
 
種類によっては一回でも残留色素になってしまう事があります。
白井
白井
 
 

残留色素の残り方はメーカーによって違う??

 

渋谷
渋谷
よく「〇〇ってメーカーのカラー剤は落とせる(or落ちない)」という話が出ます。

しかし、メーカー単位・ブランド単位での判断はできません。

何故なら色によっては落としやすいものもあれば、全然落ちないものもあります。

根上
根上
例えばエン○ェールズのカラーバターだとショッキングパープルは比較的容易に落とせますが、リアルレッドなんかはびっくりするくらい落ちなかったりします。

色ではなくて含まれる染料次第

ここで勘違いしないで頂きたいのは、「赤だから残る!青だから残らない!」といった色による差ではなく、もっと根本的なその色にどの染料が含まれているか次第ということです。

渋谷
渋谷
例えば赤系でも、先ほどのお写真のように頑固に残るものもあれば、割とすんなり落とせるものもあります。逆に青系でもさくっと落とせるものもあれば、全然落ちずに残ってしまうものもあります。
なので、「〇〇のカラー剤が〜」とか、「○色が〜」とかでは判断できません。あくまでどんな染料が使われているかが基準になります。
白井
白井

しかし、ここで難しいのが、どの染料が残りやすいor落としやすいかの断定がしにくいということ。

根上
根上
というのも、市販品もサロン用のカラー剤も含めて、一般的に販売されているカラー剤は様々な染料が混ざってできています。ある染料を単品で使うことはまず無いのが実情です。

つまり、裏面の成分表示を見て使われている染料を調べても、「残りやすい○色にはこの染料がよく使われている!だからこの染料は残りやすいのかも??」という予想はできますが、「確実に間違いなくこの染料の影響」という断定はできません。

残留色素のデメリットは

なんとなく残留色素が怖いものということは認識していただけたと思うので、ここでは残留色素のデメリットを紹介します。
白井
白井
 
 
※残留色素のデメリット

•次にやりたい色が限られてしまう

 

•それでもやりたい場合、ブリーチや脱染しなければいけないので、ダメージしてしまう
 
•上からカラーすると少しくすんで見える
 
 
 
 
 
『ブリーチ毛だと色落ち早いから、濃く入れてもらいました』
 
 
渋谷
渋谷
そう思って、濃いカラーを入れ続けるのは、カラーチェンジを楽しみたい方にとっては危険な事です…。
 
 
 
根上
根上
このカラー残留のお話はブリーチをしている方にもしていない方にも当てはまる、大切なことです◎
 

残留色素を出さないためには

渋谷
渋谷
残留色素が怖いのはよくわかったけどそれでも色んなカラーをしたいという方もいると思います!
 
残留色素を残さないためには普段から注意してくことが一番重要です!何を注意すればいいのか?ということを紹介していきます。
白井
白井
 
 
※残留色素を出さないための方法
•計画的にカラーをする
 
•セルフカラーを絶対に行わない
 
•細かい履歴が分かるように同じ美容師さんに毎回頼む
 
•日々のケアをしっかりして、髪の毛の体力をつける

 

残留色素を残さないためには日頃からのヘアケアがとっても重要です。

渋谷
渋谷
そしてヘアケアをする上で一番大事なのは「正しい知識で続ける事」です。

ヘアケア方法と一言に言っても、気にし出したら気をつけなきゃいけない事がたくさんあります。でも、全部頑張ろうとしてしまうと、結局疲れちゃって続きません…。

美容師さんと相談しながら、正しい知識で、ヘアケアを続けていましょう!!

 

 

関連記事

  1. サロントリートメントって効果があるの?美容室のトリートメントの必要性を解説!

  2. 【髪質改善】洗い流さないトリートメントの知識と使い方

  3. 【オススメのアミノ酸シャンプー5選】特徴・効果を徹底解説

  4. サロントリートメントは必要?効果と美容室でのトリートメントの持ちがグンっとアップ!

  5. シャンプーについてのQ&Aまとめ

  6. 【現役美容師が教える】美容室で失敗されないポイントとサロン選びをご紹介