【髪を伸ばし中のショート女子必見!】”やってはいけないカット”と”伸ばす方法”を紹介します・

近年人気のあるスタイルとして有名なものと言えばショートスタイルが挙げられます。
白井
白井

そんなショートにした人達が、ロングにまた伸ばそう!としてる人が多く、絶賛伸ばし中の伸ばしかけ女子が増えてるようです。

渋谷
渋谷
でも伸ばしかけの髪の毛ってほんとにまとまらないですよね!

 

変なとこが膨らんだり、クセでウネったり、片方だけハネたり…

扱いづらい髪の毛は、結局切りたくなってしまうと思うのですが、当コラムにたどり着いた方なら、まだ切らずに我慢してるはず!

 

渋谷
渋谷
そんな伸ばしかけ女子が、とりあえずなんとかしようとしてやりがちなNGなカット方法気がついたらいつの間にか髪伸びてる!ってなる、美容師がこのお客様は上手に髪を伸ばせてるなって思う伸ばし方のコツなどをご紹介していきます!

 

根上
根上
待っておくと便利なヘアアクセサリーから、よくあるQ&A、おすすめコラム記事まで幅広く解説しますので是非ご覧ください♪

【伸ばし中にやってはいけないカット3選】

渋谷
渋谷
伸ばしかけの髪は、とにかくまとまらず、扱いづらいもの!そんな現状を、とりあえずなんとかしたいからって、髪をむやみに切るのはNGです
皆さんがやりがちなヘアサロンでのNGカットオーダーをご紹介します。
白井
白井
 
※やってはいけないカット3選

・毛先を少し切ってみる

・レイヤー(段)を入れる

・量を減らす

 

 

毛先を少し切ってみる

ショートの時に、軽くしすぎてしまった毛先に厚みを出していくためなら毛先を少しずつカットするのはむしろ正解です。

しかし、切った方が髪は早く伸びるということを言う美容師さんがいますが、当然髪は切ったら切った分だけ伸びるのは当然遅くなります!
白井
白井

バランスを整えるカット以外で、とりあえず長さを切ってみる、のはおすすめしません。

 

レイヤー(段)を入れる

ショートの形にもよりますが、とりあえず伸びてきたから、長さは切らないけど段を入れて形を変えてみるのも、あまりおすすめしません。

段をつけすぎてしまうと、いざ伸びた時に毛先が軽くなりすぎてしまったり、変に段を入れたことで、あっちこっち毛先が向いて、余計にまとまりづらくなることもあります。
白井
白井

しかし、ショートヘアの形のまま伸ばすと、バランスがおかしくなるのも事実です。

渋谷
渋谷
そのバランスを調整するくらいの段でしたら、美容師さんと相談の上で、切った方が良いこともあるかもしれません。

量を減らす

 

根上
根上
とにかく量が多くて膨らむ・ボリュームが出過ぎてしまうという方。量を減らせば、なんとか抑えられる気がするのはよく分かります!

ですが、長さを切らずに毛量を減らしてしまうと、いざ伸びた時に毛先がペラペラのスカスカ状態に!

伸ばせたとしても、まとまらない髪になってしまい結局また厚みを出すために切ることになってしまいます。
白井
白井
渋谷
渋谷
しかも、髪を減らすとういことは枝毛や切れ毛は、そもそも毛先で起きるものなので、そのダメージが起きやすい原因を増やしているようなものです!
根上
根上
ダメージもしやすく、パサつき、まとまりのないスタイルを作ることとなってしまいます。

 

髪を早く伸ばす方法5選

 
※髪の毛を早く伸ばす5選

・頭皮の血行促進

・食事から毛髪に必要な栄養素を摂る

・頭皮に合ったシャンプーを選ぶ

・紫外線から頭皮を守る

 

 

頭皮の血行促進

渋谷
渋谷
さて皆さん、髪は一日でどれくらい伸びるかご存知ですか?

個人差はあるものの、一般的には約0,3mmです。一ヶ月では約1cm〜1,4cm程となります。

 

髪は根元の毛根が細胞分裂を繰り返して伸びています。

ですから、いくら栄養たっぷりのトリートメントなどで毛先のケアをしたところで、これから伸びてくる髪の毛には影響しません

髪は、根元の毛根で毛細血管から栄養を受け取り成長します。栄養が不足したり、血行が悪い状態こそ、髪の伸びが悪くなる最もな原因のひとつです。
白井
白井

毛細血管が細くなる、いわゆる血行不良などにより、栄養が滞ると髪は充分に成長せず、伸びが遅くなるどころか、傷みやすく、弱々しい悪い毛へと成長します。

根上
根上
それを防ぐためには、「頭皮をマッサージしながらシャンプーする」ことがとても有効です!

 

食事から毛髪に必要な栄養素を摂る

渋谷
渋谷
毛細血管から栄養を受け取り成長する髪ですが、そもそも、食事による栄養を取っていなければ元も子もありません!

 

食事で得れる、髪が伸びるのに重要な栄養素は3つ「タンパク質」「亜鉛」「ビタミンB6」です。

タンパク質は髪や爪の主成分となり、亜鉛とビタミンB6は頭皮環境を健康にし、髪の成長を促します。

その中でも亜鉛は、人間が体内で作り出せない栄養素の一つなので、食材からしっかり取ることが大切なのです。

 

根上
根上
もちろんこれだけ食べていればいいってものではありません!日頃からしっかりしたバランスの良い食生活を心がけてくださいね。

 

頭皮に合ったシャンプーを選ぶ

根上
根上
頭皮環境を整えるには、自分に合ったシャンプー選びをすることがとても大切です!ここでは一般的なシャンプーを、主に4種類に分けて解説します。
高級アルコール系

脂性肌向けのシャンプーです。

洗浄力が強いのでベタベタしやすい髪質の方はこちらがおすすめ。

アミノ酸系

頭皮が弱い人向けのシャンプーです。

優しい洗い上がり。

石けん系

普通の頭皮向けのシャンプーです。

余計な成分が入ってない分、洗い上がりは少しギシギシします。

ベタイン系

乾燥肌向けのシャンプーです。

潤いを保ち、しっとりした洗い上がりなので、頭皮がカサカサしてる乾燥肌の方はこちらがおすすめ。

 

渋谷
渋谷
この4種類のシャンプーでも頭皮が荒れてしまう敏感肌の方は、オーガニック系のシャンプーもおすすめです!オーガニック系は天然由来の成分で出来ているため、とてもお肌に優しいのが特徴になります。

 

紫外線から頭皮を守る

夏に限らず一年中降り注ぐ紫外線。お肌のUVケアは今や常識になっていますが、実は頭皮にも結構なダメージを与えているのです。
白井
白井

 

そんな紫外線から頭皮を守るのに最も効果的なのがUVスプレー」です。

お出かけ前に髪と頭皮に一振りすれば、一日中紫外線から守ってくれます。

 

渋谷
渋谷
頭皮もそうなのですが、髪は紫外線のダメージにより切れ毛や枝毛の原因にもなります。切れ毛が多いと、髪が伸びるのが遅い原因にもなってしまうので、UVスプレーで、髪と頭皮を同時に守りましょう♪

まとめ

渋谷
渋谷
いかがだったでしょうか?

髪を早く伸ばすのには、頭皮環境が密接に関係していることがお分かりいただけたかと思います。

 

[髪を早く伸ばす生活習慣]

・シャンプー中にマッサージを行う。

・食事でタンパク質、亜鉛、ビタミンB6を摂る。

・頭皮に合ったシャンプーを選ぶ。

・紫外線から頭皮を守る。

 

渋谷
渋谷
髪を早く伸ばしたい気持ち、よく分かります。日々お客様のリアルなお声を聞いていると、それが難しいことも理解しています。しかし、以上のことを習慣化出来れば、髪は確実に早く伸ばすことが出来ますの根気強く頑張りましょう!!

関連記事

  1. 3分でできる!「前髪のくせ」おすすめの直し方3選

  2. パーマ、カラー、ブリーチは薄毛の原因になる?

  3. 【基礎知識】アルコールの過剰摂取は薄毛を招く?!原因と予防についてご紹介

  4. 【くせ毛の方必見!】毎日のお手入れ方法とおすすめヘアアイテムご紹介

  5. 【薄毛・抜け毛になる悪習慣】やってはいてないこと12選!30代から頭皮を守ろう!

  6. 『1,000円カットと美容室の違い』実はこんなに違う?